知り合いの人から、クーポンがあるから一緒に行こうと誘われ、”ボヘミアン、ラブソディ”をまた観に行って来た。
IMG_3687[1]


近くの映画館にはIMAXも応援上映もなく、静かに観るのも音響もいまいち不満だった。

足を動かしたくても、手拍子したくてもできず、うずうずしていた。

なんと、この時期に、とある映画館で4DXでの上映が始まった。是非行きたいと思ったところへタイミング良い誘い。しかも、この映画館は他よりも音響設備が良かった。


知人の車に乗せてもらい、ドキドキワクワクで入った。荷物はロッカーに入れるようにと言われ、ええ?と思いながら、蓋付の飲み物だけ持って入った。

始まる前に、4DXのデモンストレーションがあった。

カーアクションの場面が出て、ドカン!という音と共にいきなりの揺れ。びっくりする。震度7の地震はこんな感じかと恐怖が一瞬襲う。すでに4DXを体験された方、子どもさんにとっては、刺激的で楽しかったかもしれない。

座席後頭部から耳元へシュッと当たる風、横壁からのピカッと光る照明、前から横からの風や臭い、スモークなどを紹介し、カーアクションの激しいシーンを体験する。

雨のシーンは濡れたくないので、座席のスイッチをオフにした。(これは後悔した)

自分は、激しいアトラクションは元々苦手。
メニエール持ちの私には、酔いそうで怖い。どこか捕まえないと席から落ちそうになる。

確かにバッグ持っていたら飛んでいくかもしれない。なるほどロッカーに預ける意味はこれか。

これから観る映画が、音楽映画で良かったと思った。


デモンストレーションの動きの激しさに、心臓がバクバクしたのを落ち着かせていたら、すぐにボヘミアンラブソディが始まった。

20世紀FOXのファンファーレ。クィーンバージョン。
サントラで家でも何回も聴いていたが、音響の良い映画館でしか聴こえない音がある。それを聴く為に来たと言ってもいい位だ。
Dn8YMiIU4AAmnu5

ファンファーレの最後の部分に、左の方から聴こえるギュイーン!という音。このわずかな音が胸にドウーンと響く。もうここで涙が出て来たのだった。      続く