頭の中が変な感覚をひきずりながら、パートに行く毎日。

ある日、M子さんが珍しく寄ってこない時があった。

「ごめんね。ちょっと用事があってお昼は一緒にいられないの」と言って、1人でこそこそとどこかに出て行く。誰も気にしていないが「私を放っといて。見ないで。」と言いながら。

ごめんねなんて言わなくてもいいのに。私は開放感でいっぱい。

M子さんはいつもと違い、口数も少なく、顔が更にしかめっ面になっていた。
家で何かあったのだろうか。大変そうだもんな。と思い、何も聞かずそっとしていた。というかそのまま彼女と離れてしまいたかった。


休憩時間は、自由に延び延び過ごしていた。
すると社員の女性が寄ってきて、私にこう言ってきた。

「相談があるんです。M子さんが女性社員を最近睨み付けてくるんです。挨拶しても無視するし、大事な書類も提出してくれなくて困ってます。理由がわかりません。何故そんな事をするのか聞いてもらえませんか?」

という事だった。
全く気がつかない事で、私に言われても~巻き込まれるの嫌だなあと思いつつ、協力はしますと返事した。女子社員と接触する時間はほとんどないし、トラブる機会もないはず。不思議だった。



あまりM子さんと話したくなかったが、頼まれてしまったので、理由を聞くタイミングを探していた。

すると、M子さんの方から「ちょっと話があるの」と言って、思い詰めた風に寄ってきた。


M子さんは、話し出した。
「実は、私、この会社の女性社員たちから虐めにあっているの。最初は勘違いだろうと気にしないふりをしていたの。でも、毎日確認していると明らかに私を悪意を持って見ていると確信したの。」
と、まるで舞台の上の女優みたいに?悲しそうに話す。


男性の前の態度もそうだったが、M子さんは、動きが演技っぽく見える人だった。


でも本人はわかってなくて、その世界に浸っている。この時も、職場の様子から判断しても、何を虐めというのか理解できなかった。

M子さんも私も、朝から帰るまで社員の人との接触は昼休みくらいしかない。たまに書類や社内回覧を持ってきてくれたり、こちらでわからない事があれば聞きに行く程度。仕事中は時間との戦いだから、人の事を構う暇はない。


ロッカーもパートさんは部屋が別。いつどうやって虐めをするのか。そんな事を何の為にするのか。どう考えてもありえない環境だった。というか若い独身ばかりの社員さん達は、主婦パートには関心がなさそうだった。

M子さんは、まるで思い詰めた女子高生みたいに、「どうして私はいつも不幸なの」と自分の世界に入り込んでいた。

何があったのか、なぜそう感じるのか聞いてみた。