いきなり怒鳴りつけられた ⇒続き


Y氏のこの言葉、挨拶もそこそこにいきなり怒鳴るなんて、失礼だと思った。

一応来客ではないか。


それに、予想はしていたが、私が悪者になっている事ははっきりした。


夫は私には内緒でY氏とつるんでいたし、私は二人の会話なんて何も知らない。何をどう怒っているのか意味もわからなかったが、夫が自分をかばうために、また私のせいにした事だけはわかった。


予想はしていたが、まさかここまであからさまに言われるとは。


夫の方に顔を向けると、焦っておりニヤニヤして黙っていた。夫はバツが悪い時はニヤニヤする癖がある。

私は「すみません、何を怒っておられるのか良く分かりません。私は今体調が悪く、薬で頭がぼーっとしていますので、うまくお話ができないかもしれません。」ととりあえず言った。

すると夫が「そうなんですよ。具合があまり良くないんですよ。」と言う。

(誰のせいで私をこんな目に合せているんだよ)と腹がたったが、その夫の態度を見てY氏は益々機嫌が悪くなった。


そこに噂に聞いたY氏の愛人らしき女性がお茶を持ってきた。
そしてY氏の横に座って「さ、話し合いを始めましょうか」と言った。

なんでこの人が関わるの?と思ったが、この女性もY氏と一緒に何か企んでいたんだなという事はわかった。

どう見ても、(全く付き合いの無い私がY氏と愛人の女性に対峙しているこの場面はおかしいよね!夫として自分の尻拭いをさせ、関係の無い妻をこんな場に立たせるなんて最低だよね!)と思えて、情けなく、横で他人事の様にヘラヘラしている夫にほとほと嫌気がさした。


「●さん(夫の名前)から聞きましたよ。あなたは、私の事を嫌って、●さんと私が一緒に仕事をする話を壊そうとしているそうですね。ご主人が私に泣きついてきましたよ。奥さんが邪魔をして困ると。このまま奥さんの言いなりになると、自分は仕事も何もできなくなる。生活費を稼ぎたいのに妻が邪魔をするから、生きていけない。実家に自分だけ帰って、親に食わせてもらおうかとまで思っている、と悩んでいると私に相談してきたんですよ。奥さん、ご主人の邪魔をしてダメじゃないですか。私の事まで妨害して!」

とY氏が一気に話し始めた。


夫はニヤニヤしながらも目は焦っていた。


ーーーースポンサーリンクーーーーーーーー




芸能人使用アイテム多数!オリビアバートン