母から電話がきた。


今月末までに、実家に帰る事になった。


母と一番仲良しだった伯母が、長く入院していたのだが、最近調子が悪くなっているから今のうちに見舞に行った方がよいと親族に言われたらしいのだ。


僻地にあってバスでも行くのは困難な場所にある病院なので、母は弟に頼んで車をだしてもらい、昨年まではたまに見舞に行っていた。


先日、弟に車で一緒に見舞に行こうと誘ったが、きっぱり断られたというのだ。


「もう会えないかもしれない。このまま亡くなってしまったら後悔するから、連れて行ってほしい。」
と頼んでも
「行きたくない。興味が無い」と言われたという。


「あの子があんなに冷たい人間だったとは。」と悲しそうに言う母。

タクシーで行っても、何万円かかるかなあと言い出すので、私は「私が一緒に行くよ」と答えた。


レンタカーを借りて行けばいい。

私も伯母に会いたかったし、あまりに弟の冷たさがショックだったので、絶対母と一緒に行きたいと思ったのだ。弟だって小さい頃から世話になった叔母なのに。沢山の思い出があるのに。

興味が無いとは。


弟がそうなったのは、嫁の影響もあるし、母の甘やかしも原因だろう。


母はそう言いながら、まだ弟をかばっている。弟自身には、「そうよね。退屈だしね。いいよ、またそのうち行くから」といい格好して答えている。だから弟は母の本音は知らない。



もし、私が弟に連絡して、こんな事を言われたけどと話したら、仕方なく母を病院に連れていくだろう。


そして、母は私に「やっぱりあの子は優しい」と何も無かった様に自慢気に言うだろう。


自分から先に愚痴を言った事を忘れ、「あの子の事を悪く言ったら許さんよ」と私を悪く言いだすのだ。
これがいつものこと。


だから、弟には連絡しない。私が自分が行きたいから行く。



もう1人の伯母は急死し、ちょうど1年前の今日、お葬式だった。

退院したばかりの母と手伝いにたまたま帰省していた私が最期を看取ることになった。

思い出が消えていく様だ。故郷が消えていく気がする。寂しさが襲う。

弟にはそんな気持ちは無いのだろうか。何とも言えない不安が襲う。


ーーーースポンサーリンクーーーー


芸能人使用アイテム多数!オリビアバートン