別居し始めた頃は、子どもたちに手もお金もかかる時期だったので、無責任な夫に対してよく連絡を入れていた。

親がするべき大事な事から逃げてばかりで、自分の事しか頭に無く、すぐに仕事を辞め、内緒で引っ越ししていたり、(お金が無いと言いながら、その費用はなぜかある)私一人で不安な日々に体調も崩した。


当時はその都度、夫に怒りをぶつけた。通じなかったけど。

反応はいつも同じだった。

いろいろ言い訳を並べて、自分をかばうのはいつもの事。

必ず言う言葉、「何を怒っているの?僕がこんなに家族の為に苦労しているのに、こんなに家族を愛しているのに。なんで僕の気持ちを理解しないの?こんなに愛しているのに」

と言う様な事。


私は怒りと不信感で一杯なので、何を言われても信じなかったし、今も信じていない。


愛しているのにと言いながら、嘘をついて生活費もカットしたり、他人事。


愛しているのは自分の事。「家族を愛している、妻を愛していると言う良い夫を演じる自分を愛している」のだ。


DVをする人、ストーカーする人は、相手が嫌がる事をしているのに、「愛しているからだよ。どうしてわからないの」と言う。

それと似ている気がする。

「愛しているなら、こんな事はしないでほしい」と何回言っても、相手に響かない。

信念の無い夫のことだから、そう言えば何をしても許されると何かの体験で記憶したのだろう。

虐待される子供が、「お母さんはどうして僕を虐めるの?僕が嫌いなの?」と母親に聞いた時、「違うのよ。あなたを愛しているからよ。あなたの為に頑張っているのよ」と答える母親と同じだ。



そしてまた言う。「そっちこそ僕の気持ちを理解してくれない。こんなに頑張っているのに」と。


何を頑張っているのか。自分の為にだけ頑張っているだけじゃないか。どれだけ家族の足を引っ張ったのか。言い訳に家族を使って欲しくない。


口では良い言葉を並べ、行動は意地悪ばかり。だから夫の本質を知らない他人には信じてもらえない。

まだこんな言葉を言う時は良い方だ。

返事に困ると、ありえない事を言い出しモラハラ。

「家族の為に」という言い訳は、「家族のせい」となり、「家族が生きているからいけない」「子どもが学校にいくからいけない」という口調になる。

何で僕が家族を支えないといけないんだと思っている風。でも、口では真逆の事を言う。


こういう人だといちいち人に話しても、理解してもらえない。


だから、友人と家庭の話題になるのは困ってしまう。「まさか」「でも、本当はそうじゃないんでしょう。」「そんな訳がない」などなど、私が嘘つきに思われてしまう。


それほど、あそこまで変わった人がいないという事だろうか。



ーーーースポンサーリンクーーーー