夫が車を買い替える様だ。私は知らない事になっている。


そりゃそうだろう。子どもの自転車すら買った事のない人なのだから。自分だけ優先なのがばれないように内緒なのだ。

また送金が無くなるのだろうか。

それどころか、夫がまだ家にいた時の車は子どもの貯金を内緒で使って買った。


今お金がないから、すぐ返すからと言って、勝手に使って、結局返さなかった。


私が穴埋めしたが、初めからそのつもりだったのだろう。


前回帰宅した時、私の古い車を借りて夫は外出した。


帰ってから、車にケチをつけてきた。「タイヤが古くて危ないぞ、早く換えろ」と。


「なら、換えてきて。」とあえて頼んだ。一円も出した事がないんだからそれ位してもいいだろう。


すると「いや、今すぐどうのというほどではないから」と、慌てて訂正し、お金を出さなかった。



見てもさほど傷んではいなかった。交換してそんなに長くたっていなかったはずだ。夫の単なる嫌味だったようだ。


子どもも、夫に自転車を貸した後、必ず「あんなボロの自転車良く乗ってるな、危なかったよ。」と文句を言われる。

だから、もう絶対貸したくないと言っていた。夫が買ってあげた自転車でもなく、修理にだしてあげる事もしない。

私の車と同じで、「こんなボロの自転車を俺様に貸しやがって、怪我させるつもりか。修理しとけ。金はださん、お前の物なのだからな」みたいな内容の嫌味をニコニコしながら言う。ニコニコは、ごまかしだ。



目の前に、「妻が自分で買った大事な車」「子どもがお小遣いで買った大事な自転車」があるのが気に入らないのだ。

見ているだけで、「お父さんはケチだ」と言われている気がするらしい。


だからわざとそれを使って、けなし、威張るな、俺様を悪く言うなとけん制しているわけだ。


何気なく誰かにプレゼントもらった話をしても、怒りだす。


ケチな自分への嫌味だと被害妄想している。



それなら、ケチらず買ってあげたらいい。普通に。何も贅沢な要求はしていない。普通の事だと思う。

いや、普通以下の生活を子ども達に強いているのだから、父親として報いてあげてもいいはずだ。

まあ、買ってあげたとしても、大げさに買ってやった、と何回も恩を着せ、何度もお礼を言わせるだろうからもういい。縁もゆかりも無い親子に、援助でもしている様な感覚で物を言ってくる。


向こうで自分はどれだけ欲しい物を買っているのか。車はいつのまにか2台持っている。携帯も数台。
買っても大事にしていない。人間関係と同じで使い捨て。

パソコンを子どもが学校で必要と言うと、自分の汚れた壊れかけのパソコンを送りつけ、自分が新品を買っている。

結局送ってきた物は壊れており、こっちで買うしかなかった。


「壊れていたから、新品を買ってあげてほしい」と言ったら、「壊れるはずがない。そっちが壊したから知らない」と突き放された。これも結局私が買うしかなかった。


私はお金持ちではない、少ないパートでギリギリの生活をしている。

例え、お金があっても、父親である夫に買ってほしいのだ。


それが親の楽しみではないかなと思うのに。
夫は口では勉強頑張れと言いながら、足を引っ張っている。


そして、また憂鬱なのは、そうやって子どもに私がパソコンを買うと、夫がそれを見てまた何か嫌がらせをする事だ。

自分で買ってやらなかった物を家族が持っていると、とにかく気に入らない。


要するに、虐めているのに、へこたれていないのが嫌なんだろう。

お金で困らせ縛りつけ、どれだけ我慢するかで、自分の価値を認めさせようとしている。


自分の贅沢は全て内緒で、ケチを隠す為に、お金の無い振りしたりしてご苦労なことだ。



そのエネルギーが無駄。素直に誠実に行動していれば周り回って自分に返ってくるのに。


こういう人の末路というか最期はどんな風になるのか、知りたい。


ーーーースポンサーリンクーーーー