訳のわからない事を言われる  ⇒続き


”昨日、私が彼の親に会う事になっていて、それを私がすっぽかした。連絡もつかなかった。”

という事実無根な話をされて、頭が混乱した。


彼が私も義両親も騙したという事だ。


その時の私は、すっぽかした翌日に、初めてのご挨拶に伺う事になっていたらしい。


化粧もせず、普段着で、手ぶらで…ご挨拶に伺うなんてありえないだろう。



でも、義両親は息子を信じているだろうし、その場でいくら私が「それは嘘です!」と言い張っても、信じてもらえる雰囲気では無かった。



「昨日はひどい風邪で寝ていました。まだちゃんと回復してないんですが…」と、咳き込みながらぼそぼそと答えるのが精一杯だった。


咳をしている私の横で、彼(夫)はタバコをプカプカ吸っていた。


流石に義父が「風邪をひいている人の前だからやめなさい」と言ってくれた。義父は禁煙中だったので自分も嫌だったのだろう。

すると義母は「お父さん、この子に言ってもきかないわよ。」と笑っていた。



その時の義父の優しさは救いだったが、それでも息子の嘘を信じている状態、で私を見る目つきが鋭く、目もあわせない。話しかけてくれる事もない。

挨拶をすっぽかす様な人と結婚させたくないのは当然だ。義父は反対だけど息子が決めたならしかたないと我慢しているんだろうなと感じた。

自分の結婚相手が非常識な人だという悪い印象を与えても平気、自分の目的の為には恋人も利用するという人間だったのだ。

今なら絶対許さないし、縁を切って二度と会わないだろうが、当時は自分の未熟さで、「そこまでして自分と結婚したかったのか」と思ってしまったのだった。



彼は、自分がついたひどい嘘に私がいつ怒り出すのか気にしていた様で、暑くもないのに冷や汗をかいていた。


私は、こんな会い方はしたくなかったし、まだ結婚すると決めた訳ではなかったので、納得がいかず、ずっとうつむいて黙っていた。

騙してでも強引に親にあわせて、どんどん話をすすめてしまえばこっちのものと思ったのだろう。


義母は、私の元気のないおかしなムードを察し、気を使って一人で話していたが、更に場を凍り付かせてしまう。

私に見えない様に、彼に何か新聞の切り抜きを渡した。

見えないようにしていても、すぐ目の前で「はい、これ。何か参考になると思って」と小声で言って渡したから、ごまかしようもない。


見られたくないなら、あとからでも良さそうなのに、なんでわざわざ私の前で渡すかなと思った。


私がそれ何?と聞いて、見るように故意にそうした感じがした。


でも、私は無視した。こそこそっとした態度で目の前で渡したものを、見せてなんていう訳ない。
嫌な感じがしたので、気が付かないふりをした。


すると義母はそれが面白くなかったのか、今度は「それ、今見たらだめよ。こっそり後から読みなさい」と大声で言った。


私に、気にさせようとわざとしている感じだった。


彼はただでさえ、私が怒っているのを感じていたし、これ以上嫌な雰囲気になるとやばいと思ったのだろう。


「別にこそこそしなくていいじゃないか。嫌な感じがするだろう。堂々と今見るよ」と母親を正すまともな息子を演じたふうで、(人の横でタバコを吸ってて何をわざとらしい)私にその切り抜きを見せた。



その記事は「離婚する時の心構え、慰謝料を払わずに済む方法」みたいな見出しだった。


騙されてだったけど、一応結婚相手が挨拶にきた時に、その相手の前で、「離婚したくなったらこれを参考にしなさい」と記事を渡した母親…。



彼は、母親の愛情に飢えており、とにかく何でも賛成する良い子を演じていた。


この時も、にこにこして、「サンキュー」と言い、ポケットに記事をしまいこんだ。


彼の顔には、汗がさらにだらだらと流れていた。

                          続く



スポンサーリンク ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

送料無料【IRIS】秋ワンピース ワンピース 膝丈 レディース プリント 鳥柄 体型カバー レトロ Aライン 森ガール  お出かけ 長袖 秋

送料無料【IRIS】秋ワンピース膝丈 鳥柄 体型カバーAライン 森ガール