私が管理している夫の借金返済の口座を記帳しに行った。


以前、夫が入金せず、催促がきたのにそれでも支払わず、私が立て替えて振り込んだ事があった。
こっちに督促がくるのが嫌だから仕方なく。


絶対に私をあてにさせない様にしないといけないので、必ず私の口座に返してもらっている。


それも、すぐに送れるはずなのに、もったいぶって、2回に分けて送ってくる。


例えば金額が、28,990円だったとしよう。


私なら、迷惑かけたし、面倒だから29,000円か、30,000円を返すだろう。
どっちみち生活費を渡す相手なのだ。多く渡しても無駄ではない。


だから私は、もともと生活費が足りないのだし、あえて3万を送る様に頼んだ。


すると、3万送ってきた。そこまでは良かった。


翌月、返済の口座を確認すると、1,010円少なく入金してあった。
そう、先月私に多めに返した分をしっかり差し引き、その分は私が補充せよとの事だった。


ただでさえ、子どもの食費も送ってこないくせに、何だ、この細かさとケチさは。

いつも送ってやってないから、小銭位はあげようと思わないか。

夫はだらしなく、浪費家、全く細かくない性格。なのにこういう事には細かい。


そもそも、独身時の夫の引っ越し代、新婚旅行代も、すぐ返すから貸してと言われてそのままだ。
結婚したのは、それをうやむやにできると思ったからでは、とまで勘ぐってしまう。



いくら結婚したとしても、独身の時は別だし、何の説明もなく、とぼけてうやむやにしようとするのは嫌だった。

そういう事にけじめのない人は嫌だった。

さんざん、自分を有能だの、家族を養っていく意志だの語って、結婚を迫っていた。


今思えば、そんな大嘘を私の親の前でも、堂々と言っていた。


一度、新婚の時、返してほしいと話した事があった。

すると「お金を返してもいいけどさ、今お金ないから無理。君と結婚したせいで無くなったんだよ。親の大事な年金から借りて返すよ。うちの親が困ってしまうけどね~」と言ってきた。

「そこまでして返さなくていい」と私に言わせる為の作戦だった。


もし後から何か言われても「自分は親に借りてでも返すと言った。返す意志はあったのに、むこうからいらないと言ったのだ」と責任を相手に押し付ける。


全てがそのやり方。証拠を残さず、相手に嫌みやモラハラを言って、忖度させたり反発させて、相手の意志でそうなったかのように、責任を押し付ける。


その時点で、私は気持ちが醒めたというより、ショックでおかしくなりそうだった。

借りる時の言い方は、「ボーナスが夏にでるからその時まで貸して、たまたま出費が多くてさ。絶対返すから。すぐお金が入るから」だった。


あげくの果ては、「貸してやったといばるな。偉そうにいうな。貸さなきゃよかったんだろう。貸した方が悪い。あ~あ、君がこんな人とは思わなかったよ。結局金か」と言って誤魔化す。


「所詮、お前は金か」は夫の常套手段だ。

「そうではない。お金の問題じゃない」と相手に言わせる作戦だ。

お金の催促をするのは、心苦しい事だ。その心理を利用して相手の良心を突いてはぐらかして逃げてしまう。

今の私は、慣れてしまって何言われても、動じない。「その手にはのらないよ。」とかわすだけ。


夫に改善してもらいたくて話し合いをしても、話をすりかえ、お前が悪いからだと責めてくるので、こっちは心を病んでしまう。


話し合いを続けるうちに、夫は自分を私に投影し、自分が言われた事をそのまま言い返してくる。

最後には、何の話をしていたかわからなくなっており、いつのまにか私が悪いと夫に責められている。

こういう行動は、調べると、やっぱりモラハラ、DV気質の人格の特徴みたいだ。

こういう人格の人と、話し合いはしない方が良いと思う。


夫の場合、家庭だけでなく、社会でも同じ行動をとっている。

こういう人とは、関わらない事が一番。縁をきれたらどんなに素晴らしいだろう。と思うが、その後に老後破産が来る気がして決心がつかない?



良心をもたない人たち (草思社文庫)
マーサ スタウト
草思社
2012-10-04