弟からのSOS 続き


電話がきれてしまったが、面倒な事に巻き込まれたくない私は、放置していた。


暫くしてから弟から電話がかかってきた。


「さっきは勝手にきってしまってごめん。親父に電話をかわろうと受話器を差し出したんだけど、急に怒りだしてしまって、拒否されたんだ。」
との事。

そりゃそうだろう。きれる前に受話器の向こうで聞こえたやり取りを考えると。

弟が「ほら、姉さんが、『騙されちゃだめだよ』って言ってるよ!」と父に強い口調で言いながら、私と話せと言っている。


何やってんだ。いきなりそんな言い方したらそりゃ怒るだろう。


そんな事を言えだなんて言ってない。

父の性格を知っているくせに何で挑戦的な事を言うのかな。しかも、私が言ったとか、私のせいにするか?


父は、元々頑固で、プライドが高かった上に、歳老いて益々頑固さに拍車がかかってきた。

認知症にもなりかけているので、気をつけてと前から母にも弟にも何回も伝えた。
いくら言っても、母も弟も聞き入れてくれない。


父と話をする時は、コツがあるから、いきなり馬鹿にしたり、否定してはいけない。


もし、電話をかわったら、父の気持ちも聞きつつ、うまく誘導するつもりだった。


弟の一言で、一瞬でパーになった。


そして弟は言う。「突然怒りだして、馬鹿にするな!もういい!あいつとは話さん!と言うから驚いたよ。それから口を聞いてくれない。」


当たり前だ。何をやっているのか。弟はそういう無神経なところがある。


翌日母から電話があり、この件について話題になったが、弟をかばい、自分が何とかするからと言うだけだった。


結局、私が父を怒らせた事になっただけだった。