だいぶ前だが、夫が送ってきたゴミみたいな物。それと一緒に夫の古着が3枚入っていた。

かなり古いジャケットで、中年太りでサイズが合わなくなったものだ。


デザインも古臭く、色も褪せ、2度と着る事はないだろう。

捨てるはずが、もったいないと思ったのか、ゴミを送るついでにこっちに送りつけてきた。


しかも、汚れたまま、洗っていない。臭い。

私に「捨てるな、保管しといて」と言ってきた。

保管するなら自分でクリーニングだせばいいだろう。


こっちでクリーニングにだせと?

クリーニング代を払う生活費もろくに送って来ないのに?

まだ使うつもりなら自分で保管すればいいじゃないか。

そうやって人にゴミを押し付け、自分は新しい物をバンバン買って、ゴミの事は忘れる。


こっちで処分すれば、「何で勝手に捨てたんだ。あれはまだ着るはずだった。」と嘘を言い、嫌がらせ。

「なら、自分で大事にとっとけばよいではないか、汚れたまま人に預けといて勝手な話だ」と言い返すととぼけてその場から離れる。


なので、その汚れたジャケットはそのうち捨ててやる。どうせカビだらけになる。

何年かそのまましといて「かびだらけだったし、虫くいの穴だらけだったから捨てた」と言えばよい。

「洗っていたんでしょう?まさか汚れたまま送ってないわよね」と言って、

「大事に保管していたけど、長い間帰ってこないし、着る様子もなかったから仕方ないわね。」

と笑って言ってやるつもりだ。

嫌味男には嫌味で返す。

そしてもう一つ~見つけた物がある。


ジャケットのポケットに名刺が入っていた。

どこかのお店の女の子の名刺。裏に「また来てね」とメモがあった。


夫がモラハラで、「家族のせいでお金がない」だの、「何も食べてないだの」と言ったら、ふーん、こんな所にいけてるのにねと言ってやろうと思ったが、それはそれは慣れた言い訳をしてくるのは予想がつく。

逆に、言い訳を言いながら、そのままモラハラが始まるだろう。


だから名刺の事を言う気もない。もうどうでもいい。


ついにもうどうでもいい、と思える存在になった。


存在を忘れている時間の幸せよ(笑)