面白い事があった。

友人、と言ってもさほど親しくない遠くに住む知人なのだが、SNSで交流がある人がいる。


あまりネットはやらない人で、忘れた頃にブログなどに写真だけアップする程度の人だ。


たまに覗いて、元気かなとお互い確認する程度。

密に連絡を取り合う仲ではない。


その知人のSNSを久し振りに覗いた。


夫婦旅行に行った様で、何枚か旅先の写真がアップされていた。今年の夏だ。



いいなあ、素敵なご主人で。いくつになっても仲良くて。

夫婦で旅行できるという事は、仲良くないとできないし、ご主人に経済的も時間的にも余裕があるということだ。

夫も最初は一緒に旅行に行きたいだの、大事にするだの、絶対単身赴任も出張も嫌だの、大嘘ついていた。
「じゃあ、いつ行く?」とか具体的に聞くと、「いつか。」「そのうち」とはぐらかし、私が費用も準備も全部するなら一緒に行ってやるみたいな言い方をし始めた。


夫を信じた私の失敗だが、もう今は一緒にいたくないからいい。向こうは一生孤独に終わってほしい。


話は戻り、その知人の旅行写真の中に偶然にも夫が写っていた。


何かのツアーにたまたま一緒に参加したのだろうか。

その知人は夫を知らないから情報は入ってこないし、こちらから聞くつもりもないが、笑ってしまった。


私には、食べるのを我慢しているだの、自分だけが辛抱しているだの、支払いのお金も、ぐだぐだ言ってなかなか送ってこないのに。

食事を我慢できる人ではない。食べ物には貪欲。その為に別居した様なものだ。

子どものおかずもとって食べる人だ。嘘なのは知っている。


こうやって、遊びまくっていればお金は無くなるはずだ。というより、こちらに一円も送りたくないから故意に使いまくって、お金が無くなれば本当に送らずにすむからと思っているのかもしれない。

と思いたくなるほど。


写真には、知人の後ろにちらっと写っているので、はっきりどんな状況かはわからない。1人なのか、複数で行ったのかとかは写真からは不明。3枚に写っていた。

横顔や、後ろ姿。間違いない。

ただ、そこにいる事だけはわかる。仕事ではなく、あきらかに観光している事はわかった。


近い所ではないので、旅費だけでも安くはないし、日帰りできる場所では無い。


これは、何かあった時の証拠にとっておこう。


まあ、言い訳のプロだから、誤魔化すだろうが。


以前も、似た様な嘘がばれた時、何も言われていないのに、自分から言い訳し始めた事があった。

「友人に無理やり誘われて、全額その人の驕りで行った。」と、自分からべらべら言いだした。


人にお金をだしてもらってまで遊びに行くとは、プライドも何も無い人だ。そんな人夫の周りにはいない。むしろ嫌われている方だ。


それが何度もいろんな場面で色んな人から奢ってもらって行った。と言う。
一度確認したら嘘だった。


奢ってもらったのではなく、むしろ騙しとっていたんじゃないのか。私みたいに。


自分一人で遊んで使ったお金も、全部人に誘われた、人に出してもらったと言う。


そこまで嘘ついて、家族を騙し続けるなんて。

家族どころか他人よりもっと遠い、宇宙の果てまで離れた関係だと思う。

家族の心は遠く離れてしまっている事に気がついているのだろうか。