若くしてご主人が亡くなった方のブログを読む事がある。

その闘病記録は病気と戦うというにはあまりにも壮絶すぎて、心が締め付けられる。

お若い分、悪化するスピードが早く、告知されてからあっと言う間にお別れがきたという方が多い。
献身的に尽くされた奥様には頭が下がるし、その後の頑張りも苦悩も体験した人でなければ想像できるものではないだろう。


私の親友も、子どもさんがまだこれからという時に癌が転移して亡くなった。⇒乳癌になった親友


今の私も夫も、そろそろ身体にガタがくるのではと不安がでてくる年齢。

子育ては終わっているだけでもまだ救われるが。まだまだやり残した事がある。

もし今夫が病気になり、寝たきりになったらと考えてみた。充分ありえる話だ。

現実的には、困る。そうなってほしくない。
理由は色々。夫は自宅から遠く離れた地方に住んでいる。

私が行こうにも、飛行機で降り立った所から、数時間、たどりつくまでバスも電車も通らない不便な所らしい。

そんな土地で倒れられたらどうなるのだろう。

夫は人の家に居候している。アパートならそこに寝泊りできるのだがそれはできない。

私はホテル住まいかウイークリーマンションを借りて、看病することになるのか?
それとも自宅まで連れ帰り、地元で入院させるのか?

仕事は?生活はどうなる?夫は転職の連続、失業期間も何度もあり、年金もまともに払っていなかった。老後の事なんか何も考えて居ない。自分で全て使ってしまう。

自分や妻の老後なんて全く頭にない。貯金するお金があれば自分で今使ってしまおうと考える人だ。

まずは経済的に困窮する。

人をあてにする癖のある人だから、したい放題やって、病気になったら私が何とかするとでも思っているのだろう。

タバコはやめたと嘘をついて、吸っているし、家族の食費はけちり、自分は食べたい物を好きなだけ食べてメタボになっている。医者からも不摂生を注意された。


人には厳しいが自分には大甘だ。

私は、夫の我儘の犠牲になるだけの存在の様な気がしてくる。

とはいえ、いざとなると素直に看病することになるとは思う。ましてや余命宣告されていたら、やれるだけの事はしようと思うかもしれない。

でも物理的にできるのだろうか。夫の親族には、協力してくれる様な人はいない。

逆に私が先に重病になって介護が必要になったらどうなるのだろう。


夫の性格では「働かないとお母さんの治療費が払えないから」という理由で放置か子どもに押し付けるだろう。確かにそれは当たってるから働くのは良いのだが、その言い訳の仕方が嫌なのだ。

子ども達の仕事や生活への影響なんて夫は考えない。

夫の本心は、家族の看病の為にお金と時間を使うのが嫌なだけ。心配とか顔を見たいとかそんな気持ちのある人なら別居なんかしないだろう。

周りの人に言われて、演技で行動するしか動かない。自分に利益のある事、したい事は頑固にするが、気の乗らない、お金を使う事は理由をつけてやらない。


まず、自分が責められない様に言い訳を考える。


他人の前では、介護に苦労する立派な夫を演じ、周囲に言い触らし、見舞金や同情を得て、家族には教えず自分の為に使うだろう。

情とか思いやりの無い人なので。計算で動く。

妻の病気も、何に利用できるか、自分にどう影響するか、損するか得するか、みたいな感覚でしか考えられない人なのだ。



そんな事を考えてると、益々、健康には気をつけようと思う。

そして何が起きてもその時に考えれば良いし、余計な不安は持たない様にしよう。



スポンサーリンク