ケイさんが結婚して1年が過ぎた頃、私は亜紀のアパートを学校の用事で訪ねた。

実家のお母さんが来られていた。挨拶をしたがいつもと様子が違っていた。

私は帰ろうとしたが、引き留められた。

亜紀とお母さんは無理に笑顔を作っている気がした。居心地が悪くて私はテレビを見るふりをした。

無理に笑ってもすぐにお母さんは暗い表情になる。いつもは色々話しかけてくれるのに黙っている。

そこへ電話が鳴った。亜紀が電話をとり、「えっ!見つかったの?今から行くわ!」と叫んだ。

「ごめん、今から母と出かけないといけないの。また今度ゆっくり話すわ。」と言われ、私も一緒にアパ―トを出た。

亜紀とお母さんは、切羽詰まった顔で飛び出して行った。ケイさん夫婦に何かあったのかもしれないと何となく感じた。

私は何も感じていないふりをし、何も聞かなかった。

後日、学校で亜紀が話しかけてきた。

「この前はごめんね。実は、お兄ちゃん夫婦と連絡がとれないと、お母さんが心配してこっちに出てきたの。私が電話しても出ないし、二人で兄の家まで行ってみたの。

そしたら兄夫婦はいたんだけど、ミキさんが私たちの顔を見た途端、家を飛び出してしまって行方不明になってたの。私たちの事が嫌いみたいなんだけど理由がわからなくて。母がショックを受けてあれから元気がないの。」

と説明してくれた。

なぜミキさんがそこまで義実家を嫌うのか、結婚を一時的に反対されたのを根にもっているとしても、結果的には祝福されて結婚できたわけだし。
私には理解できなかった。



   

スポンサーリンク