少しでも節約になればと思い、3月から野菜を育てている。

広い庭のあるお宅や自家菜園のある方が羨ましいが、狭い我が家の畳半畳ほどの庭に畑を作ってみた。

堅い地面を掘り起こし、買ってきた野菜の土と有機肥料を混ぜて、ふわふわに撒いた。

ど素人なので、プロの方や慣れている方から見たら、ダメダメな事ばかりだろうが、個人の趣味ということで、失敗覚悟でのチャレンジ。


3月から、苗を植えたり、種子をまいたりした。

虫が寄ってくるので毎日、見張っている?(笑)


今年は、温度が不安定なせいか、これまでなかなか大きくならなかった。


最近暑い日が多くなり、梅雨とあって、やっと実が成りだしホッ。


一番助かるのは、サンチュだ。IMG_3238
葉の大きさは小さいけれど、美味しく感じられる。


苗を植えてから毎日の様に数枚の葉を食べられる。おかげでちょっとサラダを作りたい時などに助かっている。

3月から今日までまだまだ葉が次々と増えている。


他には、ミニトマトも次々と実がなってきた。収穫までもう少し。苗から漂うトマトの香りが懐かしい。
ししとう、ピーマン、インゲンも植えた。スナップえんどうは、先月から食べている。


狭い場所なのに、こんなに植えられるとは思わなかった。
こんな狭い所で野菜なんて作れるはずがないと思い込んでいた。

私の悪いところだ。

「有難う」と、野菜に毎日話しかける。
頂く時は、感謝しながら。今までこんな事なかった。

生きていくってこんなに大変なんだと最近感じてばかりいる。

植物からも教えられている自分。


感じる事☆植物は正直。環境、手のかけ方で出来が違う。過保護もダメだし、加減も必要で、子育てと同じ。自然は偉大だ。