当時の私は、結婚なんて全く頭になく、まずは仕事優先で、そのうち好きになった人と自然に一緒になるものと思い込んでいた。


相手が恋愛対象でないのに、条件さえあえば結婚できるという感覚が不思議だった。


そうはいっても、O恵にとっては生理的に嫌な相手ではなかったのだろう。一緒に暮していけるという気がしたから決めたのだろう。

当時の私にしたら、そこまでして焦って結婚する気持ちがわからない…という気持ちだった。

O恵が以前私にぽつりと言ったことを思い出していた。

「恋愛した事ある?私、無いの。男の人とお付き合いするってどんな感じなのかしら…」

「これからいっぱいチャンスはあるよ!沢山恋愛を楽しもうね!」と一緒に笑ったのに。


私は「もっと独身生活を楽しんで、恋愛して、結婚はそれからでもいいんじゃないの」と言いたかったが言えなかった。

私と彼女は世界が違うんだ…と思った。



その後、結婚式の案内状は、式の1週間前になっても届かなかった。

誰にも届いてないようだった。

どうしたのだろう、事情を聞くわけにもいかないし…と社内で招待される予定の人達で話題になった。


「何かあったのだろう。病気とか、相手の突然の転勤とか…。」
「そのうち連絡がくるだろう」と、黙って待つしかなかった。

結婚式予定日の前日、O恵の直属の上司だった人に彼女から手紙が届いた。

上司がその内容を教えてくれた。


「式の直前になって、急きょ破談になったらしいよ。」

と聞いて驚いた。


自分に言いたい事!☆人は人。自分が正しいわけじゃない。考えを押し付けてはダメ。