ゴールデンウィークのおかげで、ゆっくり休めた人、帰省できた人、旅行した人、溜まった家事や趣味をした人、連休が終わったら目の前の現実にため息がでることだろう。


5月病もでてくるよね。

最近の私は、一年中5月病みたいだ。

子育てが一段落して、物理的に自由になったはずなのに、本当の自由が無い事に気が付く。

あんなに期待していた自由。これをするんだ、あれもするんだと夢みて、それを楽しみに現実と戦っていたのに。

趣味が無い訳ではない。やれば楽しい。

でも、その趣味をさあやろうというやる気が起こらない。

無理してやらなくても、ぼーっとしてればいいんだろう。贅沢な話だ。

後ろめたさと自分の脳が衰える様な恐怖が襲う。

ついこの前まで、自己愛君の尻拭いの連続で、くたくたになって働き、子育てに追われて自分の事は後回しだった。


早く一人だけの自由な生活になりたい!と思っていたのに。いざとなればこのざまだ。


私を縛り付けているのは「不安感」かもしれない。

実は密かに楽しみにしていた作戦があった。

夫の住居に突然訪問しようと思っていたが、出来なくなった。それも無気力になった理由の一つでもある。

これではいけないと、ストレス発散に、子どもたちとカラオケに行ってきた。

子どもたちなりにお金の心配してきて、自分の分は払うからと言ってきてくれた。

誘ったのは私なのに、情けない親だなあ。悔しい。

大丈夫だよと言って、安心させ、思いっきり楽しんできた。

この子たちの父親は、家族旅行も一度も連れて行った事がない。

生活費、学費もだすのを嫌がる、自分だけ旅行三昧、自由な一人暮らし、実家へ飛行機使って頻繁に帰省などなど、最低な父親なので、こんな家族カラオケなんて可愛いものだろう。

それでも、こうやって妻子がカラオケに行ったと知ると、モラハラをする。

私は人のせいにして人生後悔したくないから、腹はたてるが、人に振り回されたくはない。

好きにする。できる範囲だけど。モラハラ結構じゃないか。倍どころか何万倍も楽しんでやるんだ(・∀・)



私への教訓!☆愚痴ってばかりいないで、たまには遊んで発散していいんだよ。
       
いつかやろうと思っているだけでは何もできない。具体的な目標を作り、期限をつくるのがよい。何も目的の無い日々は空しいだけ。