りんごの嘆き

気が付けば人生の後半もだいぶ過ぎた。主婦りんごは嘆いてばかり。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わろう。

樹木希林さんがお亡くなりになり、テレビで色んな過去の映像が流れている。


最後の最後までお仕事をされ、苦しくてもそれを見せず、自然体で生き抜かれたのは凄いと思うし、羨ましくもある。

説得力のある心地よい声と話し方。


お洒落でセンス抜群なのに、さりげない。


私には絶対真似ができない、あんな風にカッコよく生きたいけど、絶対無理だと思う。


内田裕也と結婚した時の写真を見ると、二人共カッコよくてお似合いだと思った。

でも、後に内田裕也が問題行動を起こしたり、見た目もイメージが変わってきた反面、樹木希林は実績を積み、大物女優の風格がでてきて、私にはお似合いには見えなくなり、別れたら良いのにと思っていた。


夫の悪口を言ってる様で、そうでなく、母親みたいな無償の愛で旦那さんを思っているのかなと、樹木希林は普通の人のレベルを超えた凄い人だから、と思っていた。


私みたいな貧乏な凡人は、自分に生活力さえあれば、即縁を切れると思っている。

充分な財力のある彼女は、そんなレベルの問題ではないわけだ。


なら、何だろう。どうしてそんなに愛情を持ち続けられるのだろう。内田裕也の存在が重しになって、自分の性質のバランスをとってくれたとかも話していた。


その話を聞いた時、ピンときた。そう言えば、自分も、お金があったら本当に縁を切れるかどうか、と考えた時に、まてよ、と思う事があった。


それだ、と思った。


比べものにはならないが、我が家の場合も、別居が長く、向こうが何をしているのか細かく把握できない。嘘つきだから信用できない。

そして敵を次々と作る。もし、夫を恨む人から苦情や催促がきたら。弁償しろと言われたら。

もし、私が離婚してもう関係ありませんと知らん顔をしたら、全ての矛先は子ども達に向かうのだ。


しかも、夫は困った時だけは家族を利用する。


私が他人になったら、夫は堂々と子どもをあてにして、逃げ込むだろう。

それも嘘や言い訳で騙して。

もし、夫が亡くなったとしても、同じだ。葬儀、住居の後始末、借金の返済、色々苦情もくるかもしれない。


子ども達が頭を下げて回ることになる。まだ若くて自分の事で精一杯なのにそんな事はさせたくない。


実際、友人にそういう体験者がいる。別れた夫が犯罪を犯し、身元引受人として子どもさんに連絡がいったそうだ。


小さい時に別れた父親を警察に迎えにいくのだ。友人は、元妻として子どもに付き添って一緒に行った。

二度と会いたくない、憎い相手だったけど、子どもにこんな事をさせてしまった自分の責任でもあると言って。

おそらく樹木希林は、夫の起こすトラブルによって、押しかけるマスコミや被害者たちへの対応を自分で全てを受け止め、子どもや孫たちに迷惑をかけないよう、守る為に、縁を切らなかったのかもしれない。


そう思っていたら、ちょうどテレビのワイドショーでもちょろっとそんな事を言う人がいた。


結婚て、もっと甘く考えて居たけど、相手次第では本当に厄介なものだ。

生まれ変わったら、結婚はしたくない。というかもう生まれ変わりたくない(笑)。

あれ以来、トラブルメーカーの2人(近所のトラブルメーカー)とは滅多に会う事もなくなり、穏やかな生活を過ごしている。


ご近所付き合いがうるさくないのはとても助かる。子どもが成長し、ママ友の付き合いから解放されたのも気楽になった。


普段はこれでいいと思う。いざと言う時に助け合えば。

ご近所さん達は、いざという時、ちゃんと協力し合える気がする。

お隣は、Bさんの話が真実かどうかを確認したのかわからないが、ご近所の目を意識し始めた事は確かだろう。



我が家の事なんて、もし知られたら、あの2人の良い噂のネタになることだろうな。


隣から頂いた名刺を見ると、ご主人は自営業をしておられる様だった。普段は営業で外出、たまに家で事務的な事をしている様だ。奥さんは仕事であまりお宅にいない様だ。



あの件(巻き込まれた自分)があったせいかどうかはわからないが、それ以来、お隣のご主人は、我が家を見下ろせる2階の部屋を仕事場にし、窓を全開にし、大声で電話をかける様になった。


隣の覗き防止の高い塀と、木があって、見えないけれど、すぐ近くの上の窓から声が聞こえる圧迫感はある。

電話相手の声もスピーカーにしてあり、外に響く。


わざとだろうか。「仕事しているぞ」「ここにいるぞ」アピールをしている感じ?


隣が引っ越してきてすぐの頃、お隣から誘いがきたことがあった。


ご主人の趣味(バンド)に付き合えという事だった。

ライブを深夜観に来いと、ほぼ押しつけがましい言い方をされた。


丁寧にお断りをしたが、ナルシストなのか、自分のカッコよさを見てほしいみたいな、子どもっぽい人なのかなと感じた。

なので、尚更、親しくならないように気をつけた。


最近は、時々自分の歌声をスピーカーから流している。周りの家に聞いてほしいのだろうか。


洗濯物を干したり、ちょっと外の様子を見ようとすると、隣のご主人の気配を感じ、びっくりする。


トラブルは何も無いとはいえ、ご近所の人の中には、実はお隣を良く思っていない人がいる様だ。



そう言えば、近くのスーパーでレジのパートをしているご近所の奥さんから聞いた事がある。


隣のご主人にレジで絡まれたとか。

それも「バーロー!」みたいな口調で。たまたま品切れの物があって、それについてレジでくどくどと文句言われたそうだ。

「今すぐどこかから仕入れてこい!」だの、「それでも商売やってんのか」だの、レジの人に言っても仕方がない事を。

しかも後ろに列ができてしまって、他のお客がイライラしており、誰がみても、このおじさん、ただのクレーマー、迷惑だと思っていた様だったと。


奥さんはお隣のご主人と知っていたが、むこうはどうやらレジの人が近所の奥さんとは気が付かなかったようだ。


普段、家の前で会うと、別人の様に愛想良くするのに、こんな一面を見せてしまったら、本性がバレバレだ。恥かしいよねと笑っていた。


どこで誰が見ているかわからないものだ。自分も気をつけようと思った。



そう言えば、お隣の奥さんが私にご主人の愚痴をこぼしていたけど、よっぽど誰かに聞いてほしかったのね。色々大変そうだな。と同情した。

子供さんが小さい時は、御主人は奥さんに代わって、参観にでていたり、協力している姿を何回も見た。

良いお父さんではないかとうちよりずっとましに思えてくる。


近所のトラブルメーカー

不自然な頼まれごと     の続き




その役員の方の電話の内容はこうだった。



「昨日、係の事でAさん(トラブルメーカーの1人)から電話があって、用事はすぐ終わったのだけどAさんが色々話し始めて参ったわ。それで、あなたに聞きたい事があるのだけど、Bさん(トラブルメーカーのもう1人)に、お隣のご主人が無職だと話した事ある?それと、留守だと言いながらじつは家にいて、居留守使ってるとかも言った?」


突然、突拍子も無い事を聞かれて戸惑った。


私「え?そうなの?私がそんな事人に話す訳がないですよ。お隣とは特に付き合いも無いし、個人情報を話す事はしたくないし、人の家の事に関心もありません。」と私は答えた。


役員「やっぱりね。Bさんは、お宅のお隣りの奥さんを妬んでいるみたいなのよ。それで、彼女が何かトラブルに巻き込まれる事を期待している感じがするのよ。裏で人と人をもめさせて楽しむところのある人みたい。昨日、お隣のご主人が無職だのあれこれあなたが噂しているとBさんから聞いたとAさんが言ったのよ。
あの2人、あなたとお隣をもめさすつもりじゃないかしら。」


私「うちとお隣は全くもめた事もないし、干渉しないし、良い関係だから、気にいらないわけね。」


役員「この前、Aさんが隣の奥さんに深刻な顔して話し込んでいるのを見たの。もしかしたら何か企んで、お隣の奥さんを悩ませようとしているんじゃないかと心配になったのよ。」


私「なるほど。それで、お隣が急にうちに来たわけね。私がお隣のデマを言い触らしているとあの2人が隣に伝えて、うちとお隣の関係をひっかきまわして、面白がろうとしているのね。おそらく、親切ぶって、(私に)気をつけなさいとか(私が)お宅を覗いているわよとか、言ったのでしょうね。」


役員「あの2人は、トラブルメーカーで有名だから、お隣も鵜呑みにはしないと思うわ。あなたの方が信用されてると思う。」


私「実は昨日、お隣の奥さんが、こんなことを言いにきて、ご主人の名刺まで渡されたの。それが原因だったのね。私がデマを流していると信じても信じなくても、さりげなく真実を話せば、私が訂正してくれると期待したんでしょうね。」


その手にのるものか。お隣だってそう思ったはずだ。
ご主人が無職だの、居留守だの、隣を覗いて勝手に妄想しているのはあの2人の方だ。



私は、その後、Aさん、Bさんが、色々私を自分の側に引き込み、利用しようとするのを感じた。
その度、きっぱりと断り、お隣さんの話題になっても相手にせず、お隣を守る事に徹した。


それでもしつこい2人。

お隣への執着が強くて、どうにか誰かともめさせようと策を練る。そして私のせいにしようと私に同意を求めてくる。


ついに私はBさんに言った。

「ああ、くっだらない。誰か知らないけど、お隣のデマを私が言いふらしているとか、お隣に言いつけたりしてる。私そんな事言ってないし、ほんと、迷惑だわ。お隣さんも可哀想だわ。こんな幼稚な事して、何が楽しいのかな。」

Bさんは、最初はおどおどしていたが、最後には開き直った。
「それ私の事かな?へへっ。Aさんが言ってた通りね。りんごさんは、こっちの言いなりにはならない人だったわって。」


私は「人の噂とか、個人情報流したり、迷惑だからやめてほしい。くだらないよ。」と念を押した。


役員の仕事が終わった後、Bさんには一度ばったり道で会った事はあったが、それ以来、この2人とはいっさい付き合いは無い。


お隣の奥さんがうちを訪ねるのは、子どもが小さかった時だけだ。学校の用事位しか付き合いはなかった。

近所付き合いというか、人付き合いが得意ではなさそうだった。
一度だけ、夜、家の前でたまたま会った時に話しかけられた事があった。

奥さんは家の外に立っていて、呼び止められた。そして私に話しかけてきた。
「夫が、遊んでばかりで困ってます。朝帰りばかりして。」といきなり言われた。


「ああ、そうなのですね。」としか返事のしようがなく、他人様の事に口を出したくないし、外で話す事でも無いと思い、それ以上深入りはしなかった。



仲が良ければ、後日ゆっくり、話を聞けたのだが、何となくこのお隣さんはそんな気になれない人だった。

人んちの話を聞いてしまうと、自分ちの事も聞きだされたり、話さないといけなくなる気がして、そんな事は絶対嫌だったから。


奥さんは、いつも仕事が忙しいとかで、朝早くから夜遅くまで家におられないので、めったに会う事は無かった。


奥さんは、穏やかににこやかにこう言った。
「明日から旅行に行って暫く留守をしますのでよろしくお願いします。」


これまで、そんな事を頼まれた事は無かった。良く旅行に行かれて留守しているのは知っていたが、なぜうちに、そんな事を頼みにきたのか不思議だった。



「居間のライトを防犯の為につけたままで行きますので。」と言う。

つまり、「ライトがついていても留守だから。居留守ではない。」と言いたげだった。

それまで、お隣の事など気にも留めた事が無かったので、そこまで教えなくてもいいのにと感じた。

このお隣とは、玄関は反対側で、うちとの間は、塀で何も見えず、あまり気にならない位置関係で、頼むなら反対側のお隣さんにした方が良いのではと思った。


そして、ご主人の名刺を渡された。「何かありましたら、こちらへ連絡ください。」


長年隣に住んでいて、今更名刺を貰うのも何から何まで不自然だった。


それに、何で急にうちが隣の留守中の管理を突然頼まれるのだろう?うちだって旅行にいくかもしれないし、最初からうちに頼むと決めてきた。


ばったり会って、雑談で、そういう話題になるならわかるけど、突然家まで来て、よろしくと言われても。もし泥棒とか火事になったら。責任感じないといけなくなるし。正直いって迷惑だなあと思った。



全くお付き合いが無いのに、それに、奥さんの実家や親せきが近所におられて、いつもその人達に助けてもらっているはず。


と、思ったが、一応無難な対応をした。


すると、翌日、町内の役員のある人から電話がかかってきた。それで謎がとけた。


最近、我が家の斜め横のお宅のご主人の関係で、洗濯物を干したり、窓から外を眺めるのに神経をすり減らしている。


そのお宅とは特に親しくもなく、会えば挨拶をする程度。何のトラブルもない。
ただ、こっちが勝手に気を使うようになったのだ。

そうなったのには、理由がある。


同じ町内だけど、少し離れた隣の班に苦手なタイプの人が2人いる。


以前、町内会の役員が回ってきた時、たまたま係がその2人と一緒になってしまった。


運よく?2人より私の方が、年齢が上だったので、(そういう事は気にする人達みたいで)私の子分?になりたそうな雰囲気で近づいてきた。


下手にでてきて、私をやたらとヨイショするので気持ち悪く、気を付けて接していた。


だが、係の仕事が多く、何回も2人と会ったり、電話をする事が多くならざるを得なくなった。


2人は、自分の思い通りに係の仕事を変えたり、人を動かしたいらしく、でも責任はとりたくない。という困った人達だった。


その為に、私をうまく使おうとしていたのがあからさまだった。


かと言って、私の意見はきかない、何でも自分の都合の良い様にかえていこうとするのだが、失敗したら責任は私にとらせようとする。


私が一番嫌だったのは、この二人が噂話好きで、勝手な妄想でいい加減な噂を流したり、個人情報を近所の人に教えたり、悪口を言ったり、面白がっている事だった。

私は、自分が耳にした他人の根も葉も無い噂話は、きっぱり否定したのだが、全然聞き入れてくれなかった。


早く、役目が終わって、この人達と縁が切れますようにと願っていた。


そんなある日、斜め横のお宅の奥さんが、突然うちを訪ねてきた。



タッキー&翼の解散、引退、療養のニュースが流れている。


ジャニーズファンにとってはショックなニュースなのだろうか。


滝沢秀明が、プロデュ―スの能力を活かして今後活躍し、いずれジャニーズの幹部になるであろう事は全く違和感がない。彼の輝かしい未来の姿が想像できる。


今井翼のメニエール病の治療に専念するというのが、聞いていて辛い。


メニエール病は、本当に辛い。
激しいめまいと吐き気。

目を瞑っていても身体が回っている感覚。

動けなくなり、トイレにも行けない。何をしていても吐き気が襲って辛い。


発作は突然なので、いつ起こるかという不安感が常に襲う。(予期不安)

長い間、完治していないでいると、鬱っぽくなる事もありえると思う。


若いのに、本当に気の毒になる。仕事ができないのは焦るし、辛いと思う。


真面目で、頑張る人はなりやすいという。


だから、思い切って仕事を休み、減らせるストレスは減らして、ゆっくりするのは良い事だと思う。
早い回復をお祈りします。

私も、きっぱり自分のストレスの元と縁をきりたいものだ(笑)。

弟からのSOS 続き


電話がきれてしまったが、面倒な事に巻き込まれたくない私は、放置していた。


暫くしてから弟から電話がかかってきた。


「さっきは勝手にきってしまってごめん。親父に電話をかわろうと受話器を差し出したんだけど、急に怒りだしてしまって、拒否されたんだ。」
との事。

そりゃそうだろう。きれる前に受話器の向こうで聞こえたやり取りを考えると。

弟が「ほら、姉さんが、『騙されちゃだめだよ』って言ってるよ!」と父に強い口調で言いながら、私と話せと言っている。


何やってんだ。いきなりそんな言い方したらそりゃ怒るだろう。


そんな事を言えだなんて言ってない。

父の性格を知っているくせに何で挑戦的な事を言うのかな。しかも、私が言ったとか、私のせいにするか?


父は、元々頑固で、プライドが高かった上に、歳老いて益々頑固さに拍車がかかってきた。

認知症にもなりかけているので、気をつけてと前から母にも弟にも何回も伝えた。
いくら言っても、母も弟も聞き入れてくれない。


父と話をする時は、コツがあるから、いきなり馬鹿にしたり、否定してはいけない。


もし、電話をかわったら、父の気持ちも聞きつつ、うまく誘導するつもりだった。


弟の一言で、一瞬でパーになった。


そして弟は言う。「突然怒りだして、馬鹿にするな!もういい!あいつとは話さん!と言うから驚いたよ。それから口を聞いてくれない。」


当たり前だ。何をやっているのか。弟はそういう無神経なところがある。


翌日母から電話があり、この件について話題になったが、弟をかばい、自分が何とかするからと言うだけだった。


結局、私が父を怒らせた事になっただけだった。





弟からSOSがあった。


たまたま実家に立ち寄ったら、ちょうど父が電話中で、熱心に話し込んでいたという。

電話をきった後、話を聞くとどうも詐欺の様な気がしたので、弟が注意する様に言ったらしい。


すると、父は聞き入れず、相手の話を信用している様だ。

相手はすっかりいける相手だと思い込んでいるだろう。


契約を取りにいきなり家に来るかもしれないし、また電話が必ずくるはずだ。そうなると父は勝手に判子押すかもしれない。


自分が言ってもダメだったから、そっちからも説得してほしいと言う事だった。


弟が父に電話をかわったようだが、話しかけても何も反応が無く、遠くで何やらもめている声が聞こえた。そして電話がきれてしまった。



昨日、子どもの友人のお父さんが亡くなられた。

その娘さんは、お別れに間に合わなかった。帰宅途中の電車の中で、電話がきて知らされたという。


まだ若いのに何て悲しい事だろう。


まだ親と別れるには早すぎる。まだまだこれから親御さんに甘えたい事、見てもらいたい、聞いてもらいたい事が沢山あっただろう。お父さんも子どもさんともっともっとこれから楽しみが沢山あったろうに。


私自身、幸いにも両親が長生きしてくれているので、この歳になるまでその辛さ、寂しさを味わずに済んでいる。今、自分が年をとり、そろそろ覚悟を決めておかないとと、考える事ができる様になった。

それでも、親がいなくなると言うのは、どんなに寂しい事か。


自分はただでさえ未熟な人間なので、もし若い時に親と永遠の別れが来たら、受け止められなかったかもしれない。

当時、もし今、親に何かあったらと考えるのも嫌だった。反抗しながらも、どこかで甘えていたのだろう。


今でも、いざという時、頼れる存在として心の片隅に親の存在がある気がする。

色々、親に対して文句は言っているが、育ててくれ、学校に行かせてくれた。

今の自分の家庭より、ずっと子どもとして安心感はあった。父親がしっかりしていてくれた。


自分の子ども達より、その点は恵まれていた。


いざと言う時、頼れる親ではない自分は、親以下だと思う。親を乗り換えないといけないのに、まだ心配させている。

その上、夫が甘えている。こんな人の為に、親不孝な人生を選んでしまったのは情けない。


この友人の他にも、子どもの知人が、白血病で亡くなったという。


同世代の悲しいお別れに、あまり親しくなかった人の話であっても、我が子はショックを受けている。




どうぞ安らかにお眠りください。そして残されたご家族を見守っていてください。合掌



また夫から間違えメールがきた。


「先日はご馳走様でした。またよろしく!」だと。


もしかしたら私の名前と相手方の名前が似ているのか、アドレス帳の位置が近いのか、


間違えた事に気が付いていない様だ。


気がついたとしても、言い訳を考えているだろう。何でも平然と誤魔化す人だ。


別に後ろめたい事が無いなら、言い訳なんか言わなくてもよいはずだが、どんな事にも嘘をつくので、もう何も信用していない。

先日も書いたが、どうでもいい。

もしかすると、これは作戦なのかもしれないのだ。わざと間違えたふりして、偽メールを送ることもする人だ。
だとしたら何を企んでいるのだろう。妄想すると面白い。


   

↑このページのトップヘ